「コーナーポール」はいずこへ? クルマの左前の棒状のアレ、数を減らした理由とは

ホンダの「ステップワゴン」などに装備されている「サイドビューサポートミラー」も、コーナーポール需要の減少の一因という(画像:ホンダ)。
ドライバーが車両感覚を理解するためのコーナーポール(画像:photolibrary)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170718 corner 02 Thumbnail 170718 corner 01

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. コーナーポールの有無ではなく、自分の車の大きさそのものに対する責任の意識の有無が大事。普通の店舗の駐車スペースに入りきれないほど、あるいは自宅周辺の道路ですら難儀するほど大きすぎる車がどのくらい他人に迷惑をかけているのかを考えてほしい。

    • ガタイでかいくせに狭い道に無理やり曲がりこんできて、でめーは脇によるかバックするかしないで、こっちに脇を通過させようとする。どうせこっちがぶつけるかかするかしたら激怒するんだろ。マジで死んでくれや。

  2. 軽もラパンのような型なら見切りはよさそうだけど今流行りの型なら個人的にはセダンのほうが見切りはいいんじゃないかな?仮にセダンにポールが必要としても、確かにそれ以前に大きな車を運転する者の周囲への配慮が必要に思う。道具はそれからの話かな、

  3. コーナーポール、カッコ悪いんだもん。

  4. レンタカーには普通についてるよ

    • 自分が気が付く限りではレンタカーには全く装着されていませんよ。遠隔地へ旅行行く際にはレンタカーを時々活用しますが、大手(トヨタ・日産・ニッポン)では装着車両がありません。過去に利用者アンケートがあった時、「レンタカーは使い慣れていない車種利用も多いのでレンタカーにこそコーナーポールを装着して欲しい」と記入した程です。逆に最近になって公道上の自家用車に装着している車両が増えて来ていると感じます。当然に?絶対数はまだまだ少ないですが!