旅客機、実はバック可能? できるのにしない理由とは

ロールスロイス製のエンジン、トレント1000のスラストリバーサーを作動させている全日空のボーイング787(2017年8月、石津祐介撮影)。
スラストリバーサーを展開させたスターフライヤーのA320。エンジンはCFM56-5B(2017年8月、石津祐介撮影)。
ガルフストリームG650 のエンジン、ロールスロイス製BR725。エンジン後方にスラストリバーサーを備える(2017年8月、石津祐介撮影)。
那覇空港でプッシュバックされる全日空のボーイング737-800。トーバートラクターのトーイングカーが牽引する(2016年12月、石津祐介撮影)。
羽田空港で着陸後スラストリバーサーを作動させるボーイング787(奥)。手前ではトーバーレストラクターのトーイングカーが同型機を牽引中(2017年3月、石津祐介撮影)。
新潟空港でトーイングされるFDAのERJ-170。航空機の牽引にはトーバーと呼ばれる棒が使用される(2016年8月、石津祐介撮影)。
エアブレーキを出して減速する航空自衛隊F-15J(2015年8月、石津祐介撮影)。
ネリス空軍基地のエアショーで急制動のデモを行うC-17(2016年11月、石津祐介撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170807 back 06 Thumbnail 170807 back 07 Thumbnail 170807 back 08 Thumbnail 170807 back 01 Thumbnail 170807 back 02 Thumbnail 170807 back 03 Thumbnail 170807 back 04 Thumbnail 170807 back 05

関連記事

最新記事