6時間7万円超! ホンダ新型「NSX」のレンタカー登場 高級すぎるレンタカーは誰が借りるのか

初代「NSX」は1990年に登場。当時の新車価格は税別800万円~だった。中古車情報サイト「カーセンサー」によると、2017年8月現在で中古車の平均価格は573.4万円(2017年8月、乗りものニュース編集部撮影)。
オリックスレンタカー八幡インター店で貸し出される新型「NSX」の実車(画像:オリックスレンタカー)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170824 nsx 02 Thumbnail 170824 nsx 01

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. やはりこちらも中高年相手か、38歳にゴールド免許、運転歴、車が人を選ぶ時代なんでしょうかね?絶販車のレンタカーなんてのもあるようだし、またこれでも若者の車離れ?なんて言い切れるんですかね、

  2. 38歳以下の人にとって、NSXは特別に乗りたいと思える車ではないのでしょうね。若者の不満の声が、オリックスが考えを変えるほど大きくは無かったということでしょうから。若い人は高さや室内空間のある車でワイワイやれる車の方が良いと思うでしょう。

  3. いっそ、新車の販売も車種によってはその手の制限をつけるべきかもしれない。

  4. 是非、全国の支店に置いて欲しい。一度は乗って見たい魅力的な車だと、思います。貸出し条件は、ちょっと厳しすぎるかも?