フランクフルトはEV祭、ただしコンセプトばかり 直近数年、量販車の行方は…?

ホンダはコンパクトEV「アーバンEVコンセプト」を発表、これをベースにした量産車を2019年に欧州市場へ投入する(画像:ドイツ自動車工業会)。
「フランクフルトモーターショー」にて世界初披露された、メルセデス・ベンツのコンパクトEV「コンセプトEQA」(画像:ドイツ自動車工業会)。
アウディの完全自動運転コンセプトカー「AICON」(画像:ドイツ自動車工業会)。
ドイツメーカーのなかでこれまでEV推進派筆頭だったBMWはEVコンセプトカー「iビジョンダイナミクス」を発表(画像:ドイツ自動車工業会)。
VWの新型エンジン車であるコンパクトSUV「T-ROC」と、ドイツのメルケル首相(右)(画像:ドイツ自動車工業会)。
BMWの新型「X3」(鈴木ケンイチ撮影)。
メルセデス・ベンツ「Sクラス」の、クーペ(手前)とカブリオレ(鈴木ケンイチ撮影)。
メルセデス・ベンツのピックアップトラック「Xクラス」(鈴木ケンイチ撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170926 iaa 08 Thumbnail 170926 iaa 01 Thumbnail 170926 iaa 02 Thumbnail 170926 iaa 03 Thumbnail 170926 iaa 04 Thumbnail 170926 iaa 05 Thumbnail 170926 iaa 06 Thumbnail 170926 iaa 07

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 電気自動車は原発利権の物だと言える。
    その点ではパリ協定も原発利権協定なのは確かだし、天然ガス車でも充分だと言える。