公道での自動運転実験、熊本にて開始 進化したゴルフカート、今度は障害物検知も

走路に埋設された誘導線を車両のマグネットセンサーで感知し自動走行。車体前方のカメラ(ステレオビジョン)で走路上の障害物を認識する(画像:ヤマハ発動機)。
「道の駅 芦北でこぽん」での実験に使用されるゴルフカートを改造した7人乗り車両(画像:ヤマハ発動機)。
「道の駅」と農作物集荷場や公共施設、病院、役場などを結ぶ約6.3kmのルートを走行する(画像:国土交通省)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170928 golfcart 03 Thumbnail 170928 golfcart 01 Thumbnail 170928 golfcart 02

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 雨風の強い日は大変だろうな・・・乗客も、運転手?も。その対策は立ててほしいな。いくら試験運行とはいえ。