ミサイル、「巡航」と「弾道」でなにがちがう? 射程だけじゃないそれぞれの特徴とは

ノルウェー空軍のF-16に搭載された、米・レイセオン社のJSM(統合打撃ミサイル)(画像:レイセオン)。
ロッキード・マーチンのJASSM-ERは、航空機から発射される地上攻撃用の巡航誘導ミサイルで、射程はおよそ1000kmにもおよぶ(画像:ロッキード・マーチン)。
アメリカ空軍の大陸間弾道ミサイルLGM-30G「ミニットマンIII」の、運用試験の様子。製造元はボーイング(画像:アメリカ空軍)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171215 missile 03 Thumbnail 171215 missile 01 Thumbnail 171215 missile 02

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 記事曖昧。
    兵器輸出管理では最大射程300kmが輸出限界となっている事を記述してほしかった。
    また、国内巡航ミサイルの開発は試射場所の確保、偵察、目標配分、想定区域の詳細地形図の作成、通信指揮システムの大幅増強といったインフラが確保されていない点、搭載兵器の新規開発、適合試験、なにより予算や整備といった後方負担が莫大になるため無謀。
    むしろJSMライセンス生産に絞り、インフラが完備した段階(多分20年くらい)で射程延伸型を国内開発すればよい。

  2. あいかわらずレベル高すぎてついていけないなぁw