なぜ電車はその色なのか 妻の服に由来、伝統と進化の共存など事情いろいろ

開業以来受け継がれている「阪急マルーン」。会社のみならず沿線のイメージにもなっている(児山 計撮影)。
色で路線を覚えれば、乗り換えるときにまごつかない(児山 計撮影)。
開発者の妻が着ていたセーターの色がヒントになったという車両のオレンジ(児山 計撮影)。
駅名標はコーポレートカラーの水色、電車は伝統の赤をまとう京急電鉄(児山 計撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171212 color 03 Thumbnail 171212 color 01 Thumbnail 171212 color 02 Thumbnail 171212 color 04

関連記事

最新記事