小笠原空港、いよいよ実現か 航空会社はどこで、どんな飛行機が飛ぶのか

写真は1968年撮影のもので、地図部分は現在のもの。赤枠が洲崎飛行場跡地。旧海軍が使用していた当時の滑走路の長さには諸説ある(国土地理院の地図と航空写真を加工)。
東京と小笠原を24時間で結ぶ「おがさわら丸」(2016年6月、恵 知仁撮影)。
運用には1200m以上の滑走路が必要なDHC-8-Q400(2016年、石津祐介撮影)。
JACが運用しているATR42-600。主に離島路線で活躍している(2017年1月、恵 知仁撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180115 ogasawara 04 Thumbnail 180115 ogasawara 01 Thumbnail 180115 ogasawara 02 Thumbnail 180115 ogasawara 03

関連記事

最新記事