小笠原空港、いよいよ実現か 航空会社はどこで、どんな飛行機が飛ぶのか

東京都の新年度予算で、小笠原に滑走路を建設する調査費を計上したと報じられました。長年の懸案である空港建設は現実のものとなるでしょうか。実現した場合、就航する航空会社や使用機材はどう予想されるでしょうか。

小笠原空港、いよいよ実現か

 東京都の小池知事は2018年1月5日(金)の定例会見で、平成30年度予算案に小笠原諸島での航空路開設のための調査費を計上したことを明らかにしました。航空路を開設することによる地域への影響や、使用機材の選定などを実施するといいます。都は2017年7月、小笠原村との協議会をおよそ7年ぶりに開催、父島に空港を整備する方向で検討することを確認していました。

Large 180115 ogasawara 01
東京と小笠原を24時間で結ぶ「おがさわら丸」(2016年6月、恵 知仁撮影)。

 2018年1月現在、東京からの距離約1000kmの小笠原諸島へ行くには、東京港の竹芝と父島の二見港間を結ぶ、定期航路の「おがさわら丸」を利用します。6日に1便で、24時間まる1日かけて到着します。「ちょっと小笠原へ」とは、なかなか気軽には言えない現状ですが、そうした交通事情を改善しようという動きは、もちろんこれまでにもありました。

 かつて1990年代から2000年代初頭にかけ、旧運輸省を中心に高速船で本土と小笠原とを結ぶ「超高速貨客船テクノスーパーライナー(TSL)」計画が進められていました。実用に供する船も建造されましたが、原油価格高騰のあおりを受け採算が合わないと判断され計画は頓挫し、115億円かけて建造した高速船は一度も定期航路に就かないまま解体されてしまいました。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180115 ogasawara 04
  • Thumbnail 180115 ogasawara 01
  • Thumbnail 180115 ogasawara 02
  • Thumbnail 180115 ogasawara 03

関連記事

最新記事

コメント

10件のコメント

  1. できれば浮体式がいいな。

    • 浮体式の空港だと台風が来たら駄目でしょう。

  2. いっそUS-2旅客機改装型でも飛ばしてみるか?しかし1000mの滑走路で極短とは、レシプロ機時代とは随分変わったもんだ。

  3. ティルトローター機のAW609の導入案はどうなったのでしょうか?
    大規模な滑走路建設が不要とのことで小笠原村の議員さんもAW609を推進されてたと思います。
    登場人数は限られますが、おがさわら丸との棲み分けにより、船で訪れる観光地としての魅力を落とすことなく、島民の方の生活の質を上げれる選択肢として、魅力的だと感じました。

    • 多分無理。まず、AW609自体まだ開発中のはずだし、採用しているエアラインもまだないし。ついでにオスプレイ類似機体だと反対運動が起こるわ。だったらまだしもビーチクラフト双発機あたりのほうがましかも(海上保安庁、陸上自衛隊での採用実績のある機体)。

  4. Dear folks- how do I unsubscribe to the traffic reports? thanks

  5. 自衛隊C-1輸送機なら600~800m級の滑走路でもイケる。あれを改造して、、、

    • 機体寿命がないし与圧がないし、改装費用だけでも大赤字な気がするが。

  6. 水上機じゃダメなんですかねえ?
    その場合、本土の方が問題になるけど。

  7. 新明和に旅客用飛行艇をUS-2の改造ベースで発注というのが、(旧飛行場も含めた)環境を破壊せずに済む方法。桟橋と待合室など最低限の設備で済む。これが私のかねてからの持論。

    乗客は新明和の計画では38名を収容できる。ATR42は40人強だから、それと比べても遜色ない。航続距離4700kmも問題ないだろう。満載でも310mの着水滑走距離。車輪つきなので羽田では滑走路で離着陸できる。何より飛行艇での空の旅を経験したことのない人も多く、それ自体が観光に付加価値を与える。