大雪でクルマ立ち往生、まずすべきことは 一酸化炭素、数分で致死量が充満のケースも

雪に埋もれたクルマでエンジンをかけた際、マフラーの除雪をせず閉め切ったままだと、車内の一酸化炭素濃度は急激に上昇する(画像:JAF)。
降り方によっては、ものの数分でクルマ全体が雪に覆われてしまうことも。写真はイメージ(画像:opal1/123RF)。
雪でマフラーが塞がれた状態でエンジンをかけると、排気ガスが車体の下を経て、外気の取り入れ口などから車内に入ってくる(画像:JAF)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180219 oyukico 03 Thumbnail 180219 oyukico 01 Thumbnail 180219 oyukico 02

関連記事

最新記事