米で人気の国内自動車パーツメーカー、その背景 各社に聞いた「選ばれる理由」とは

米「SEMAショウ2017」にて。スポーツカーにもTOYO TIRES(2017年11月、加藤博人撮影)。
米「SEMAショウ2017」のTOYO TIRESブース(2017年11月、加藤博人撮影)。
米「SEMAショウ2017」のTOYO TIRESブース(2017年11月、加藤博人撮影)。
米「SEMAショウ2017」にて。TEINのスプリング(2017年11月、加藤博人撮影)。
ロケットバニーのS14型「シルビア」(2017年11月、加藤博人撮影)。
ロケットバニーのS14型「シルビア」(2017年11月、加藤博人撮影)。
ロケットバニーのS14型「シルビア」(2017年11月、加藤博人撮影)。
ロケットバニーのS14型「シルビア」(2017年11月、加藤博人撮影)。
ロケットバニーのS15型「シルビア」(2017年11月、加藤博人撮影)。
ロケットバニーのS15型「シルビア」(2017年11月、加藤博人撮影)。
熊谷ナンバーがついたままがクールという、JDMムーブメント。ロケットバニーのボディキットを装着した「フェアレディZ」(2017年11月、加藤博人撮影)。
米「SEMAショウ」における「TOYO TIRES TREADPASS」展示スペース。(2017年11月、加藤博人撮影)。
東洋ゴムのブランドNITTOもアメリカではハイパフォーマンスモデル用タイヤとして人気(2017年11月、加藤博人撮影)。
取材に応じてくれたTEIN USAのジェネラルマネージャー、中井克真さん(2017年11月、加藤博人撮影)。
TEINのスプリングとショックアブソーバ(2017年11月、加藤博人撮影)。
バンパーグリルをレトロ風にしたS14型「シルビア」。ロケットバニーの定番スタイルという(2017年11月、加藤博人撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180221 parts 08 Thumbnail 180221 parts 09 Thumbnail 180221 parts 10 Thumbnail 180221 parts 11 Thumbnail 180221 parts 12 Thumbnail 180221 parts 13 Thumbnail 180221 parts 14 Thumbnail 180221 parts 15 Thumbnail 180221 parts 07 Thumbnail 180221 parts 16 Thumbnail 180221 parts 01 Thumbnail 180221 parts 02 Thumbnail 180221 parts 03 Thumbnail 180221 parts 04 Thumbnail 180221 parts 05 Thumbnail 180221 parts 06

関連記事

最新記事