地下鉄なぜ道路の下を通る 背景にある「工法」と「権利」、法律の整備で新たな展開も

東京の品川駅周辺で進むリニア中央新幹線の工事。ここから西に進む第一首都圏トンネルは大深度地下利用法の適用を受けるため、道路や民家の立地に関係ないルートが選定された(2017年11月、草町義和撮影)。
東京メトロ南北線の線路。地下鉄のトンネルは道路の下に建設されることが多い(2018年1月、恵 知仁撮影)。
円形の断面が特徴的なシールド工法のトンネル。シールド工法なら建物の下でも容易に建設できるが、それでも道路の下を通ることが多い(2006年12月、草町義和撮影)。
リニア中央新幹線の工事現場。首都圏と中京圏の地下トンネルは大深度地下利用法に基づき建設される(2017年8月、恵 知仁撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180219 chikaroad 04 Thumbnail 180219 chikaroad 01 Thumbnail 180219 chikaroad 02 Thumbnail 180219 chikaroad 03

関連記事

最新記事