世界初の「寝台座席可変電車」583系 なぜ生まれ、消えていったのか(写真10枚)

九州鉄道記念館で保存されているクハネ581形。普通列車用に改造されたのち、塗色などが復元された。改造は小倉工場の技術向上に貢献したという(2008年8月、杉山淳一撮影)。
九州鉄道記念館クハネ581形の特急「月光」行き先表示(2008年8月、杉山淳一撮影)。
583系B寝台は、パンタグラフ下だけは2段寝台だった。中段はやや天井が高く、ほかの中段と料金は同じ。「パンシタ」と呼ばれて人気だった(2014年12月、杉山淳一撮影)。
285系電車には、個室寝台のほか、ごろ寝の「ノビノビ座席」も用意されている(2007年6月、恵 知仁撮影)。
団体列車として使われた583系電車(2014年12月、杉山淳一撮影)。
団体列車として運行した583系電車(2014年12月、杉山淳一撮影)。
向かい合わせボックスシートの天井部分に中段・上段寝台を格納している。
下段ベッドをセットした状態。客車A寝台より若干幅が広かった。
ゆったりとしたボックスシート。新婚旅行客や1人客などから不評だった。
285系電車で運行されている寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」(2009年2月、恵 知仁撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170428 583 06 Thumbnail 170428 583 07 Thumbnail 170428 583 08 Thumbnail 170428 583 09 Thumbnail 170428 583 10 Thumbnail 170428 583 01 Thumbnail 170428 583 02 Thumbnail 170428 583 03 Thumbnail 170428 583 04 Thumbnail 170428 583 05

関連記事

最新記事