書き込める電子海図、「飛鳥II」にて公開 外航船という特殊環境下、なるか世界規格

「飛鳥II」のブリッジにて「J-Marine NeCST」をデモンストレーションする日本郵船の森岡丈知 船長(2017年5月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
日本郵船の小山常務(左)と日本無線の大沼取締役(2017年5月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
「飛鳥II」の「ECDIS」、トラックボールが現役。画面の手書き文字は連動する「J-Marine NeCST」から入力されたもの(2017年5月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
従来の紙の海図(2017年5月17日、乗りものニュース編集部撮影)。
横浜港大さん橋に停泊中の「飛鳥II」(2017年5月17日、乗りものニュース編集部撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170517 necst 01 Thumbnail 170517 necst 02 Thumbnail 170517 necst 03 Thumbnail 170517 necst 04 Thumbnail 170517 necst 05

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. かつて舶用機器の業界に勤めてたので、元勤務先が実用化できなかったのが、ものすごく残念。
    会社そのものへの思い入れはもうないが、その…なんだ…