次世代新幹線実現に向けた試験車両E956形「ALFA-X」新造 営業最高360km/hの可能性を検証へ JR東日本

脱線しにくくさせるための「地震対策ダンパ」や「クラッシャブルストッパ」などの開発品(画像:JR東日本)。
JR東日本の、新幹線車両の進化と試験車両のコンセプト(画像:JR東日本)。
新しい試験車両「ALFA-X」のイメージ。Aタイプ(上)やBタイプ(下)といった先頭車両の形状が検証される(画像:JR東日本)。
「揺れない」車内空間を目指し、動揺防止制御装置や上下制振装置、車体傾斜制御装置の試験が行われる(画像:JR東日本)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170704 jreshiken 02 Thumbnail 170704 jreshiken 04 Thumbnail 170704 jreshiken 01 Thumbnail 170704 jreshiken 03

関連記事

最新記事