タイヤはみ出しOK? クルマの保安基準、一部改正で何が変わったのか

タイヤ中心部から前方30度、後方50度の範囲であればはみ出しが許可される。
2017年6月22日より、車体からのタイヤのはみ出しが一部解禁に。写真はイメージ(画像:photolibrary)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170628 hamidashi 02 Thumbnail 170628 hamidashi 01

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 国際的ね、しかしマフラーの角度の規制はクリーンな排ガスなら人にいいってこと?確かにトラックだと歩行者に向かないように右出しか真ん中後方のマフラーが多いけど、それにしても厳しい規制のDPRなどの後処理で昔の車よりガス濃度以前に熱が高いような気がするんだけど?タイヤの件はミラーやウインカーレンズのように突起物と判断しないのは分かるけど何で緩和が今なのか理解できない、2010年を期に改正された規制のトラックの一部は側面のウインカーレンズが視認性だかの理由で逆に巨大化してこれが後方側面に設置されたら逆に突起物だからね、外圧とは思いたくないが最近の様々な緩和や規制を見てると誰が為の改正だか分からんね、

  2. 図の注釈に、「タイヤ中心部から前方30度、後方50度の範囲であればはみ出しが許可される。」とあるが、おかしくないですかねぇ?
    この範囲外は、許可されないと言っているように感じます。

    • 図面を突っ込む気持ちは解るが!こういう緩和は日常にも何れ影を落とすからね、緩和しにくい規制を今度は解釈で変えてくるだろうね、何せ国際観点だから、世に割合と言う言葉があるがカラスも白く見えるんだろうな、確かに図面は赤点だな

    • 範囲外はダメなんじゃなくて元々ホイールの中心を軸に前方30度、後方50度の範囲内ははみ出し不可、範囲外であればはみ出しはOKでした。
      それが範囲内でも10mm以内であればOKと言うことになっただけの話。
      国産のノーマル状態ではあまり関係ないけど海外のスポーツカーや所謂ハの字シャコタンのような改造車に対する規制緩和みたいなもの。

  3. フェンダーは車が雨天の時に、外部にタイヤからのはねた水分を撹拌させないように車体に装着するもので中央部がはみだしたものは、本来の目的を逸脱している。サイドミラーのカメラ方式の合法化とこのフェンダーの規格変更は自動車メーカーのなにかの圧力があるとしか考えられない。

  4. この類いだよね?確か?検査官合格の強要に屈してハンコ押して首チョンパになったの?ほんとにアホだな壁の落書きを器物損壊から芸術に!昨日の違法が今日の合法、車の全高も脱着可能なルーフキャリアはカウントしないしね、だから選挙カーで桁下突っ込んで亀の子状態になったのあったでしょうに、

  5. だからって機械式駐車場に入れなかった車が入れるようになるわけがない。そもそも、本当に周囲の事を考えるドライバーなら、はみだしタイヤなんてするわけもない。

  6. 色々規制の大義はあるけどトラックのバンパーの内側にもう一段階突入防止のバンパーがあるんだけど、こいつの設置位置が最低地上高としての最低限の値が規制されてんだけど、実にこれがアホな規制で後輪駆動のトラックだけの規制なのよ、これが四輪車の四駆だと四駆システムの絡みで対象外、近接騒音値や速度抑制も輸入車には緩かったし?それに合を否に判定する事態も発生してるしね、おそらくこのはみ出しタイヤの件も現場の検査官に行き渡るまで暫しかかるんじゃないのかね?受験、得に陸運は受けるほうもそれ相応の知識でのぞんだほうが良いね、だからよくバックライトやテールにナンバーの視認性なんて言うけど、ここの記事でオリンピックデザインのナンバーなんて本来ダメだしの対象なんだよ、