消防車「カンカン」の意味 サイレンとはどう使い分けられているのか?

緊急車両のサイレン音量は、この表の「極めてうるさい」に当たる90~120dBとされている(画像:パトライト)。
消防車のイメージ(画像:photolibrary)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170711 sirenkankan 02 Thumbnail 170711 sirenkankan 01

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 防災無線で火災発生の時にサイレン3回鳴らすのも同じ意味?それと警鐘2点はよく広報巡回(火災予防週間などでお馴染みです)でも鳴らしています

  2. 夏は風鈴代わりに聴いてるよ、因みにウーウーウーのサイクルは助手席足元の足で踏むスイッチでもできるらしい、何か昔の車のライトのハイ、ローみたいだけどね、

  3. 確かに消防車が走り去る時にサイレンだけで「カンカン」が鳴っていない時も多々あり、鐘の有無による違いが全く知りませんでした。今回の記事で納得! 火災ではない災害・救助時はサイレンだけなんですね。