成田空港「到着時免税店」開店へ 帰国してから海外みやげ? その背景とメリットとは

第2ターミナルにオープンする到着時免税店「Fa-So-La ARRIVAL DUTY FREE」の場所(画像:成田国際空港)。
成田空港内にオープンする到着時免税店「Fa-So-La ARRIVAL DUTY FREE」の外観イメージ(画像:成田国際空港)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170804 arrivaldutyfree 02 Thumbnail 170804 arrivaldutyfree 01

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. なんかあんまりメリットを感じないような気も。昔の大阪のアリバイ通りみたいな使い方するのかな。あるいはお土産買いそびれたOLたちが利用するのかな。よくわからない。

    • もうひとつとしては、記事中の「荷物になる」という点に関して、機内持ち込みや受託荷物の重量オーバーを防ぎたい旅客のため、というのもあるのかも知れない。
      一定の重量以上は別途、割高な手数料を取られるケースもあるだろうからね。

  2. 成田空港も民営化されて、いろいろな稼ぎ方を考えているのでしょう。航空会社の誘致のために、ただでさえ高い着陸料は引き下げざるを得ず、かといって利用者から空港使用料をあまり高く取ることもできない状況の中で、空港の商業施設の売り上げを増やすことが大きな目標になっているのでしょう。