トヨタ「スープラ」(国内初代) 時代とシンクロした出世魚、その目覚ましい進化とは(写真14枚)

86年デビュー時の「スープラ」3.0GTターボ(画像:トヨタ)。
88年のマイナーチェンジでフェイスリストを実施。3.0GTリミテッド(画像:トヨタ)。
89年投入の2.0GTツインターボ・ワイドボディ・ホワイトパッケージ。当時、トヨタの高級車では白が大人気だった(画像:トヨタ)。
90年に登場した最終仕様。黒の2.5GTツインターボと白の2.0GTツインターボワイドボディ(画像:トヨタ)。
最終型となる90年に登場した2.5GTツインターボR(画像:トヨタ)。
2.5GTツインターボRには、ドイツレカロ社製セミバケットシートを標準化(画像:トヨタ)。
2.5GTツインターボRのインパネまわり。専用アイテムとしてイタリアMOMO社製スポーツステアリングを装着(画像:トヨタ)。
2.5GTツインターボRのみに採用されたドイツのビルシュタイン社製ダンパー(画像:トヨタ)。
初代(国内)にあたる「スープラ」。1986年デビュー時の3.0GTターボ(画像:トヨタ)。
1986年デビュー時の3.0GTターボのインパネまわり。最上級グレードには、パノラミックデジタルメーターが標準装備だった(画像:トヨタ)。
1986年デビュー時の3.0GTターボインテリア。細やかな調整が可能な電動スポーツシートは本革仕様も選択可能(画像:トヨタ)。
初代(国内)「スープラ」に搭載された最高出力230psを誇る3.0L直列6気筒DOHCターボエンジン(画像:トヨタ)。
デビュー直後に追加されたエアロトップ。ルーフそっくり着脱可能。外したルーフはラゲッジルームに収納できた(画像:トヨタ)。
マイナーチェンジで、新たなトップエンジンとなった2.5L直列6気筒ツインターボエンジン。当時、国内最強クラスとなる最高出力280psを発揮(画像:トヨタ)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170815 supra 07 Thumbnail 170815 supra 08 Thumbnail 170815 supra 09 Thumbnail 170815 supra 10 Thumbnail 170815 supra 11 Thumbnail 170815 supra 12 Thumbnail 170815 supra 13 Thumbnail 170815 supra 14 Thumbnail 170815 supra 01 Thumbnail 170815 supra 02 Thumbnail 170815 supra 03 Thumbnail 170815 supra 04 Thumbnail 170815 supra 05 Thumbnail 170815 supra 06

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 昔は5ナンバー枠でも大きく魅せられた車は沢山あった、今は逆に5ナンバーが珍しいくらいですね、セリカXXからスープラ、海外名で売り出すことの効果、3ナンバー車への憧れの証だったのでしょうか?今でも狭い日本の駐車場事情からすると5ナンバーは熟有り難い存在だと感じますがね

  2. 3.0limitedに乗ってました。
    今は中古もなかなかなくて、出てたら欲しいくらい。
    ほんとにバブリーな車でした。
    またこういうスポーツカーを作って欲しいなあ…

    • 3ナンバー実に羨ましい!俺は中古の2代目XXの1G-GE中古5MTでした。中国道の津山近辺で渋滞にはまってたら突然クラッチが切れっぱなしになって立往生!原因はブースター何じゃら?言われたけど後も7年使いました。