サイクルトレイン「BOSO BICYCLE BASE」2018年1月デビュー JR東日本

1~3、5、6号車の座席イメージ(画像:JR東日本千葉支社)。
4号車フリースペースのイメージ(画像:JR東日本千葉支社)。
「BOSO BICYCLE BASE」の車両外観イメージ(画像:JR東日本千葉支社)。
「BOSO BICYCLE BASE」の車両側面、正面のイメージとロゴ(画像:JR東日本千葉支社)。
車内サイクルラックのイメージ(画像:JR東日本千葉支社)。
4号車フリースペースのイメージ(画像:JR東日本千葉支社)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170825 jrebbbase 05 Thumbnail 170825 jrebbbase 06 Thumbnail 170825 jrebbbase 01 Thumbnail 170825 jrebbbase 02 Thumbnail 170825 jrebbbase 03 Thumbnail 170825 jrebbbase 04

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. これのオリジナルを初めて見たのは根岸線で、203系だったかな?その間に205もあったかな?確か?歴代車両よりリサイクルを考えて代替えの間隔を縮小した型だと聞いたんだけど、模様変えをしてよく頑張るね、初めて乗車した時はVVVFインバーター?ってやつの加速音には驚いたの覚えてますよ。やはり転勤先の利用者の用途に合わせて改造する延命措置もなかなかいいですね

  2. 自転車の運転は安全運転で。暴走はやめてくださいよ。しかし正直京浜東北線含めて103系にはあまり縁がなかった。なぜか八高線103系3000番台(72系900番台の改造車)には縁があったんですけれど。ちなみに205系と209系の間の207系は900番台(1編成10両、千代田線、廃車済み)とJR西日本の量産型では何一つ関連がない(強引に探せばステンレスとVVVFインバータ制御くらい?)というとんでもない形式で有名でした。余談ですが、まだ首都圏で209系に乗れる機会はありますので(千代田線・常磐線各駅停車のうち2編成のみ209系です)機会があったら是非御乗車を。

    • 最近の自転車のマナーは前にも増して酷くなった。
      運転される皆さん、ながらスマホやイヤホンからの音楽に集中するのではなく、信号や前後左右に細心の注意を配りましょう。

    • 全席指定の公算大。
      所定ラック以外のフリースペースに自転車は積め込めるかどうか。

      いずれにしても、房総半島に目ぼしいスポットはない。起爆剤として、この列車に新たな可能性を見出だしたい。

  3. 私にしたら新車ですよ、103系が横浜線に来た時は例え国電のお下がりでも妙に嬉しかったの覚えてますよ、こんな所に?こんな電車が!!ってなか感じでね、妙に都会人になった錯覚に陥りましたよ、何せ、103系以前は先頭に貨物車を連結した戦中みたいなのが単線を走ってましたからね、こんな電車がサイクル自転車で活躍の場を移すなんて想像すらしてませんでした。

  4. しかしまさか南武線最後の209系を改装したとは思わなかった。