飛行機の乗降、なぜ左側だけ? 右にもあるドア、普段使わないのは「船の名残り」

かつての船は舵が右側にあることが多く、港には左舷を接岸させたことから、左舷は「port(港) side」、右舷は「steering(操舵) side」が変化し「starboard side」と呼ばれるようになった(乗りものニュース編集部作成)。
ターミナルと飛行機をつなぐボーディングブリッジは多くの場合、機体の左側に連結される(画像:2016年5月、太田幸宏撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170828 airplaneleftside 02 Thumbnail 170828 airplaneleftside 01

最新記事

コメント