飛行機の乗降、なぜ左側だけ? 右にもあるドア、普段使わないのは「船の名残り」

飛行機の乗降は多くの場合、機体の左側です。これにはどのような理由があるのでしょうか。また、右側の扉はどのように使われるのでしょうか。

飛行機の左側は、船の「左舷」?

 飛行機の乗り降りは多くの場合、機体の左側から行われます。

170828 airplaneleftside 01
ターミナルと飛行機をつなぐボーディングブリッジは多くの場合、機体の左側に連結される(画像:2016年5月、太田幸宏撮影)。

 飛行機が駐機場に入ってくると、羽田空港などでは機体左側の扉に、ターミナルからの連絡路となるボーディングブリッジが連結されます。ボーディングブリッジではなくタラップが連結され、地上から乗り降りする方式の空港もありますが、それもほとんどの場合、乗降口となるのは機体の左側です。その理由をJAL(日本航空)に聞きました。

――飛行機の乗降が左側で行わるのはなぜでしょうか?

「船」の名残といわれています。飛行機には船にならった用語や慣習がたくさんあり、そのひとつです。船の左舷は「ポート・サイド」と呼ばれ、かつては左舷から港へ接岸し、人の乗り降りを行っていました(編集部注:現在はこの限りではありません)。

――右側のドアは何に使われるのでしょうか?

 清掃スタッフが乗り降りしたり、食事や販売品を機内に搭載するために使われます。機体右側のドアは「サービス・ドア」と呼ばれるのに対し、お客様の乗降に使われる左側のドアは「パッセンジャー・エントリー・ドア」と呼ばれます。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170828 airplaneleftside 02
  • Thumbnail 170828 airplaneleftside 01

最新記事

コメント