平均35km/hの特急!? 山峡を優雅に走るスイス「氷河特急」8時間の旅

観光客でにぎわうツェルマットのバーンホフ通り(写真:石口早苗)。
“スイスのグランドキャニオン”と呼ばれるライン渓谷を走る氷河特急(写真協力:マッターホルン・ゴッタルド鉄道)。
沿線でも随一の人気を誇るランドヴァッサー橋を渡る「氷河特急」。一帯は世界文化遺産に登録されている(写真協力:マッターホルン・ゴッタルド鉄道)。
マッターホルンが間近に迫る登山電車の終着、ゴルナーグラート駅(写真:石口早苗)。
車内ではグラスやマグカップのほか、リュックサックやサングラスなども売っている(写真:石口早苗)。
車両は天井の一部もガラス張りで、展望が開けている(写真:石口早苗)。
険しい山峡とは対照的に、牧歌的な光景に出会えるのも沿線の魅力(写真協力:マッターホルン・ゴッタルド鉄道)。
高さ65mの石橋、ランドヴァッサー橋(写真協力:マッターホルン・ゴッタルド鉄道)。
『旅行読売』2017年10月号。特集は「初めてでも大満足 あの名湯でひとり泊」と「元気な商店街」。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170901 ryswisshyoga 05 Thumbnail 170901 ryswisshyoga 07 Thumbnail 170901 ryswisshyoga 01 Thumbnail 170901 ryswisshyoga 02 Thumbnail 170901 ryswisshyoga 03 Thumbnail 170901 ryswisshyoga 04 Thumbnail 170901 ryswisshyoga 06 Thumbnail 170901 ryswisshyoga 08 Thumbnail 170901 ryswisshyoga 09

関連記事

最新記事

コメント