東北中央道の福島~米沢間、11月開通 長さ9kmの「栗子トンネル」で峠越え

東北中央道「栗子トンネル」の長さは、明治時代に造られた万世大路「栗子隧道」の約10倍に(画像:国土交通省東北地方整備局)。
東北中央道の福島大笹生IC~米沢北IC間が、2017年11月4日に開通(画像:国土交通省東北地方整備局)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170913 tohokuchihoseibikyoku 02 Thumbnail 170913 tohokuchihoseibikyoku 01

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. こりゃ有り難い!旧道のトンネルの工事では公団の先導車を用いた交互通行を実施されちゃいましたからね

  2. 長大トンネル部分だけ300円で通れる有料道路にしたとしても十分に需要はあると思いますが、新直轄になったおかげで無料なんですね。トンネルの今後の維持管理費用は 、根元利益を得られるnexco東日本持ちになるのか、国道13号の維持管理費(国と福島県、山形県)から捻出するのか、どちらなのでしょうね。

  3. 栗子峠を通らないで米沢入りできるのはありがたい!なんど帰るのを断念したか(泣)
    四ツ木~茨城間の国道6号線沿いにも高速作ってくれないかな。