自治体初の水陸両用車、葛飾区へ 災害時も平時も活用? その目的

水上では5km/hで航行できる(画像:サポートマーケティングサービス)。
「ちー防」こと東京消防庁の「まちかど防災訓練車」。軽トラックを改造したもの(画像:東京消防庁)。
葛飾区が導入する水陸両用車「ARGO」のイメージ(画像:サポートマーケティングサービス)。
2015年9月、茨城県を中心に発生した水害現場では、サポートマーケティングサービスの「ARGO」が出動。ウシの救助などに用いられた(画像:サポートマーケティングサービス)。
製造元はカナダのODG社(画像:サポートマーケティングサービス)。
水をかく「パドルタイヤ」を装着しており、スクリューがなくても水上を進むことができる(画像:サポートマーケティングサービス)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170919 suiriku 05 Thumbnail 170919 suiriku 06 Thumbnail 170919 suiriku 01 Thumbnail 170919 suiriku 02 Thumbnail 170919 suiriku 03 Thumbnail 170919 suiriku 04

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 自治体が、水陸両用車か。あり得なくはないが、そういうのは金がないと導入できないからな。一番必要そうな所はそもそも財政赤字か過疎のために導入したくても出来ない可能性が大きいし。仮に導入できたとしても維持費がどうなるかが問題。

  2. 足回りが走れK-100を思い出すジジイな私w

  3. けっこうするな、ちー坊?ちー防?