自治体初の水陸両用車、葛飾区へ 災害時も平時も活用? その目的

東京都葛飾区が、自治体では初めてとなる水陸両用車を導入します。災害時だけでなく、平時の活用も想定しているそうですが、どのような特徴があるのでしょうか。

救助用ボートが航行しにくい場所で力を発揮

 東京都葛飾区が水陸両用車を導入します。2017年9月11日(月)の定例議会における予算案に、その購入費約700万円が盛り込まれました。

170919 suiriku 01
葛飾区が導入する水陸両用車「ARGO」のイメージ(画像:サポートマーケティングサービス)。

 自治体では全国初の導入という水陸両用車、どのような利用を想定しているのでしょうか。葛飾区防災課に聞きました。

――なぜ水陸両用車を導入したのでしょうか?

 豪雨による浸水被害、震災で液状化が発生した場合などにおいて、救助や復旧作業、資機材搬送などに活用することを想定しています。

――どのような車両で、どういった使用を想定していますか?

 カナダ製の「ARGO(アーゴ)」という車両です。浸水したとしても水位が低かったり、がれきが流れてきたりしてボートが進めない場所でも走行することができ、機動的な対応が可能になります。

※ ※ ※

 なお、「ARGO」の日本総販売元であるサポートマーケティングサービス(埼玉県春日部市)によると、この車両は現在、消防関係を中心に全国30以上の機関に導入されています。自動車の種類としては、農耕用トラクターなどと同じ小型特殊自動車に分類されるそうです。

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170919 suiriku 05
  • Thumbnail 170919 suiriku 06
  • Thumbnail 170919 suiriku 01
  • Thumbnail 170919 suiriku 02
  • Thumbnail 170919 suiriku 03
  • Thumbnail 170919 suiriku 04

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 自治体が、水陸両用車か。あり得なくはないが、そういうのは金がないと導入できないからな。一番必要そうな所はそもそも財政赤字か過疎のために導入したくても出来ない可能性が大きいし。仮に導入できたとしても維持費がどうなるかが問題。

  2. 足回りが走れK-100を思い出すジジイな私w

  3. けっこうするな、ちー坊?ちー防?