道路のチョークの印、昔は駐禁いまは…? 京都府宇治市の画期的な取り組みとは

放置された犬のフンの周囲に丸を書き、その日時を書く。時間をおいて現場に赴き、なくなっていれば「ナシ」と書き添える、という(画像:宇治市)。
放置車両に掲出される黄色い標章のイメージ(画像:PaylessImages/123RF)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170922 chalk 02 Thumbnail 170922 chalk 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. ふーん。

  2. これは目立つだろうな。知らずに踏みつける事故は減るかな、いや、最近は画面以外見ていないからそれでも踏むやつはいるか。