JALとハワイアン航空が提携 盤石のシェア構築、どうなるハワイ路線?(画像11枚)

サインしたパネルを掲げる植木社長とマーク・ダンカリーCEO(2017年9月26日、石津祐介撮影)。
「ハワイアン航空と一緒に努力をしたい」と意気込みを述べた植木社長(2017年9月26日、石津祐介撮影)。
記念撮影に応じるJAL植木社長とハワイアン航空マーク・ダンカリーCEO(2017年9月26日、石津祐介撮影)。
ハワイ線の重要性と提携に対する意気込みを述べた植木社長。
「JALは理想的なパートナー」とマーク・ダンカリーCEO。
JALとハワイアン航空のCA。
2000年4月に登場した「リゾッチャ」仕様ボーイング747「ジャンボジェット」(画像:JAL)。
2000年4月に登場した「リゾッチャ」仕様ボーイング747「ジャンボジェット」(画像:JAL)。
2000年4月に登場した「リゾッチャ」仕様ボーイング747「ジャンボジェット」(画像:JAL)。
ハワイアン航空は創設88年。ハワイ州の島間便を含め、グループ全体で1日に250便以上を運航する(石津祐介撮影)。
2017年9月、JALの成田~コナ路線に投入された「JAL SKY SUITE」仕様のボーイング767-300ER(石津祐介撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170926 jalhawaii 10 Thumbnail 170926 jalhawaii 11 Thumbnail 170926 jalhawaii 01 Thumbnail 170926 jalhawaii 02 Thumbnail 170926 jalhawaii 03 Thumbnail 170926 jalhawaii 04 Thumbnail 170926 jalhawaii 05 Thumbnail 170926 jalhawaii 06 Thumbnail 170926 jalhawaii 07 Thumbnail 170926 jalhawaii 08 Thumbnail 170926 jalhawaii 09

関連記事

最新記事

コメント