レーザー兵器がいよいよ実用化へ? 米空軍、目標は2020年 その理想と現実とは

AC-130W「スティンガーII」はAC-130J「ゴーストライダー」と同型だが、105mmりゅう弾砲を搭載するのは「ゴーストライダー」のみ(画像:アメリカ空軍)。
レーザーガンシップ化が計画されているAC-130J「ゴーストライダー」(画像:アメリカ空軍)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170929 laser 02 Thumbnail 170929 laser 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 兵器は破壊できないが人間を失明させることは充分に可能。