レーザー兵器がいよいよ実用化へ? 米空軍、目標は2020年 その理想と現実とは

米空軍が2020年を目標に、レーザー兵器の実用化を目指すことを明らかにしました。未解決の課題はまだあるそうですが、具体的な目途が示されたのは初めてのことであり、いよいよ現実のものとなりそうです。

まずは「ゴーストライダー」と「スティンガーII」から

 アメリカ空軍特殊作戦コマンド司令のマーシャル・ブラッド・ウェッブ中将は2017年9月、予定通りならば2018年にもAC-130J「ゴーストライダー」および同型のAC-130W「スティンガーII」ガンシップ機に対して指向性エネルギー兵器(レーザー)の搭載試験を行い、2020年には「レーザーガンシップ」の実用化を目指す方針であることを明らかにしました。AC-130Jのレーザーガンシップ化はかねてより計画されていましたが、具体的な目途が示されたのは初めてとなります。

170929 laser 01
レーザーガンシップ化が計画されているAC-130J「ゴーストライダー」(画像:アメリカ空軍)。

 AC-130Jはロッキード・マーチンC-130J「スーパーハーキュリーズ」輸送機に対して105mm榴弾砲および30mm機関砲などの重武装を施した「ガンシップ(空飛ぶ砲台)」であり、すべての兵装は左舷側に搭載され左旋回しつつ継続して砲弾を浴びせ続けることを目的とします。同機は間もなくアメリカ空軍において実用化され初期作戦能力を得る見込みとなっています。

 赤外線レーザーはAC-130Jにおける次世代の搭載兵装となりますが、現時点においては赤外線レーザーの有効性に対する懐疑的な意見が根強く存在し、ゆえに予算分配の優先順位はそれほど高くないのが実情です。

 ウェッブ中将はレーザービームの制御、現時点ではそれほど高くない出力、そして大気の減衰や分厚い雲によって無効化されてしまうといった各問題について「挑戦する価値のある技術」と認めつつも、それらを前向きに解決し有効性を実証・調査するためには搭載試験が必要であると、その意気込みを述べました。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170929 laser 02
  • Thumbnail 170929 laser 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 兵器は破壊できないが人間を失明させることは充分に可能。