パイロットが「ピンクリボン肩章」を着ける意義とは JAL、乳がんに関する啓発活動で

「ピンクリボンフライト」となった2017年9月29日のJAL315便福岡行き(2017年9月29日、石津祐介撮影)。
ピンクのスカーフを着用したグランドスタッフ(2017年9月29日、石津祐介撮影)。
リードキャビンアテンダントの飯塚康子さん。コーポレートブランド推進部に所属(2017年9月29日、石津祐介撮影)。
乗客にノベルティーを配布するスタッフ(2017年9月29日、石津祐介撮影)。
機内にて販売される協賛商品。売上の一部が寄付される(2017年9月29日、石津祐介撮影)。
JAL運航本部 續 志郎機長(2017年9月29日、石津祐介撮影)。
JAL運航本部 續 志郎機長(2017年9月29日、石津祐介撮影)。
JAL運航本部 續 志郎機長(2017年9月29日、石津祐介撮影)。
エスティー ローダー グループのスタッフもカード配布に参加。ゲート付近にはサントリーフラワーズ提供のピンク色プリンセチアも(2017年9月29日、石津祐介撮影)。
ピンクリボンの肩章を着けたパイロットとピンク色のスカーフを着用したCA(2017年9月29日、石津祐介撮影)。
挨拶する屋敷東京空港支店長。
配られた特製ラバーバンドと知識啓発カード。
乗客に特製ラバーバンドを配布するパイロット。
JAL運航本部 續 志郎機長。1994年入社。運航訓練部767訓練室 飛行訓練教官(2017年9月29日、石津祐介撮影)。
キャンペーンを象徴するピンクリボンをデザインした運航乗務員の肩章。
ラバーバンドをつけたパイロット。
ピンクリボンフライトを見送るパイロットたち。
「このキャンペーンをきっかけに男性も乳がんへの知識が高まればと思っています」と續機長(2017年9月29日、石津祐介撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170929 pink 10 Thumbnail 170929 pink 11 Thumbnail 170929 pink 12 Thumbnail 170929 pink 13 Thumbnail 170929 pink 14 Thumbnail 170929 pink 15 Thumbnail 170929 pink 16 Thumbnail 170929 pink 17 Thumbnail 170929 pink 18 Thumbnail 170929 pink 01 Thumbnail 170929 pink 02 Thumbnail 170929 pink 03 Thumbnail 170929 pink 04 Thumbnail 170929 pink 05 Thumbnail 170929 pink 06 Thumbnail 170929 pink 07 Thumbnail 170929 pink 08 Thumbnail 170929 pink 09

関連記事

最新記事

コメント