ヤマハ発動機とペーパークラフト、20年の歴史とは あの超絶クオリティが無料のワケ

2014年に公開した「モータースポーツワールド:ラリー」は、パーツ総数1300超、プリントアウト枚数にして246枚という超大作(画像:ヤマハ発動機)。
ヤマハ発動機のペーパークラフト第一弾、1997年に配信された「VMAX」(画像:ヤマハ発動機)。
1997年に配信された「VMAX」のパーツシート。PDFデータで16ページ、840KBあり、当時の通信環境では重い部類(乗りものニュース編集部撮影)。
「ペーパークラフトを担当して12年。精密や超精密シリーズはできる気がしません…これくらいが限界です」と三宅さん(画像:ヤマハ発動機)。
ヤマハのバイクの原点、YA-1(画像:ヤマハ発動機)。
1955年に開催された「第1回浅間高原レース」にて、同年に発売されたばかりのYA-1が1位から4位までを独占した(画像:ヤマハ発動機)。
1955年に開催された「第1回浅間高原レース」にて、同年に発売されたばかりのYA-1が1位から4位までを独占した(画像:ヤマハ発動機)。
1955年に開催された「第1回浅間高原レース」にて、同年に発売されたばかりのYA-1が1位から4位までを独占した(画像:ヤマハ発動機)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170927 paper 08 Thumbnail 170927 paper 01 Thumbnail 170927 paper 02 Thumbnail 170927 paper 03 Thumbnail 170927 paper 04 Thumbnail 170927 paper 05 Thumbnail 170927 paper 06 Thumbnail 170927 paper 07

関連記事

最新記事

コメント