富山ライトレール、係員ノーチェックの「信用降車」を終日実施へ 不正は大丈夫?

フィンランドにおける信用乗船方式の渡し船乗り場。赤い看板には、正当な船賃(往復5ユーロ)を持たずに乗船した場合、80ユーロ(約1万600円、2017年10月11日現在)のペナルティを請求すると書かれている(2016年9月、太田幸宏撮影)。
富山ライトレールの富山駅北駅(2012年4月、中島洋平撮影)。
2017年10月15日からの富山ライトレールにおける乗降イメージ。ICカード利用者は前方、後方どちらの扉からも降車が終日可能になる(画像:富山ライトレール)。
養老鉄道は元・近鉄養老線。近鉄から引き継がれた車両が走る(2013年3月、恵 知仁撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171011 toyama 04 Thumbnail 171011 toyama 01 Thumbnail 171011 toyama 02 Thumbnail 171011 toyama 03

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 欧米でも英国や地下鉄・都市近郊はドイツ以外は殆どが改札式で大抵は利用者が多いから信用乗車方式を入れると問題が起きるからだそうです。

    路面電車やローカル線なら信用乗車方式は有効だが養老鉄道みたいに利用者が多い鉄道は改札方式の方が適しているし、利用者増加に繋がる。
    尚、ベルリン地下鉄が利用者が少ないのは運賃制度の複雑さと信用乗車方式の悪い面の一つである冤罪罰金や検札詐欺が横行している事が主な理由です。
    中国の北京、上海、香港とベルリンの利用者を見れば一目瞭然だし、寧ろ鉄道の場合、運賃に対して減税や正規料金値下げの方が利用者を増やす要因なのは間違いない。