「自転車横断帯」がクルマを惑わせる? 横断歩道に併設のアレ、撤去進むワケ

機械で自転車横断帯の白線が削り取られている(2017年10月、乗りものニュース編集部撮影)。
自転車横断帯が削り取られ、その上に横断歩道のゼブラ柄が延長された例(2017年10月、中島洋平撮影)。
自転車が交差点を直進するイメージ。自転車横断帯を通ろうとすると、車道からいったん左に寄ることになる。なお、横断歩道を通行する場合は、歩行者の通行を妨げるおそれのない場合を除き、自転車に乗ったまま通行してはならない(画像:国土交通省)
宇都宮市内で自転車横断帯を撤去した交差点に設けられた「矢羽根」と呼ばれるガイドライン(画像:宇都宮市)
自転車横断帯が設置されている交差点の例。手前の横断歩道側にはないが、奥側には歩道橋に並行して自転車横断帯が設けられている(2016年6月、中島洋平撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171012 jitenshaodan 05 Thumbnail 171012 jitenshaodan 01 Thumbnail 171012 jitenshaodan 02 Thumbnail 171012 jitenshaodan 03 Thumbnail 171012 jitenshaodan 04

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 停止線をこえて止まるバイクをどうにかしてくれ。

    • つまり、二段階停止線ばかりになれば問題解決ですね。

  2. この件もそうですし、
    歩車分離式や交差点にある歩行者専用信号など、
    自転車と歩行者の扱いが曖昧だったり、
    二重解釈状態。
    結果的に事故誘発や事故発生時に双方悪くないと主張が。

    車からも自転車からも根本的に対策して欲しいもの。

  3. 歩道でなく車道を走ろうとか、対面でなく同方向に走ろうとか、自転車の通行に関する「常識」が転換してる時代ですから、まあ自分と自分の家族が事故らないように自衛するしかないですね。

  4. 自転車横断帯が廃止された横断歩道は一箇所しか見たことないし、横断歩道もそのぶん幅を広げられることなくそのまま。都道府県によって対応が違うんだろうか。