F-35以外の選択肢はあったのか? 空自の「次期主力機」に挙がった戦闘機とは(写真10枚)

第2次F-Xで選定されたマクダネルダグラスF-4(2016年、石津祐介撮影)。
第3次F-Xで選定されたマクダネルダグラスF-15(2016年、石津祐介撮影)。
航空自衛隊向きF-15FXのベースとなる予定だったF-15E(2016年、石津祐介撮影)。
オーストラリア空軍で運用されているF/A-18F(2017年、石津祐介撮影)。
第4次F-Xで選定された航空自衛隊のF-35A「ライトニングII」(画像:ロッキード・マーチン)。
第1次F-Xで選定されたロッキードF-104(2017年、石津祐介撮影)。
世界最高の戦闘力を有するといわれるF-22「ラプター」(2017年、石津祐介撮影)。
F-Xへの提案そのものが行われなかったという「ラファール」(2017年、石津祐介撮影)。
フル装備で離陸する、イギリス空軍のユーロファイター「タイフーン」(2016年、石津祐介撮影)。
ステルス性を有したマルチロール機、アメリカ空軍のF-35A(2017年、石津祐介撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171127 fx 03 Thumbnail 171127 fx 04 Thumbnail 171127 fx 06 Thumbnail 171127 fx 08 Thumbnail 171127 fx 01 Thumbnail 171127 fx 02 Thumbnail 171127 fx 05 Thumbnail 171127 fx 07 Thumbnail 171127 fx 09 Thumbnail 171127 fx 10

関連記事

最新記事

コメント