旧軍カラー? 暗緑色迷彩のF-4が話題に あの色にはどのような意味があるのか

飛行方向を誤認させる斜線が描かれた複葉戦闘機フォッカー D.VIIとエルンスト・ウーデット。尾翼にはドイツ語で「撃たないで!」と描きつつ、自分は62機も撃墜した。
「飛燕」など旧軍機の塗装を現代のデジタル迷彩で復活させたF-4EJ「ファントムII」。F-4EJ改ではない数少ない非近代化機(関 賢太郎撮影)。
F-4特別塗装機。上面はデジタル迷彩が施されていたが下面には「各務原飛行場百周年」のペイント(関 賢太郎撮影)。
デジタル迷彩が施されたMiG-29。近年デジタル迷彩が流行しており採用例が増えつつある(関 賢太郎撮影)。
フォルス(偽)キャノピーが描かれたSu-27。機体の上下を誤認させとっさの判断を遅らせる効果があるという(関 賢太郎撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171205 f4 05 Thumbnail 171205 f4 01 Thumbnail 171205 f4 02 Thumbnail 171205 f4 03 Thumbnail 171205 f4 04

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 間違った迷彩で逆に撃墜されやすくなった、という事例もあります。

    • 知る限り空自は3種類の迷彩服を使ってるから、非常時に不慮の事故が発生するのを真剣に懸念します。

  2. フラットディスプレーの応用でカメレオンのように空域によって迷彩の色を最適化する戦闘機が出てくるかもしれないね。

    • 先ずは特殊部隊の光学迷彩でしょ

  3. 飛行機オタク、ミリタリーオタク廃業してからずいぶん経つけど。
    未だに飛べるファントムがあるのにビックリした。