都営浅草線、「歌舞伎」な新車両お披露目 内装も和テイストな新型5500形とは(写真20枚)

東京都交通局5500形(中央)と5300形(2017年12月9日、中島洋平撮影)。
浅草線と相互直通運転を行う京急の新1000形(右)と北総鉄道の9200系(2017年12月9日、中島洋平撮影)。
右は都営大江戸線の12-000形。浅草線の車両よりひと回り小さい(2017年12月9日、中島洋平撮影)。
大江戸線車両の回送に用いられるE5000形電気機関車。馬込車両検修場では大江戸線車両の検修も行われる(2017年12月9日、中島洋平撮影)。
都電荒川線のマスコットキャラクター「とあらん」が運転席に(2017年12月9日、中島洋平撮影)
車両工場内部の様子(2017年12月9日、中島洋平撮影)。
鉄道の仕事を体験する場も(2017年12月9日、中島洋平撮影)。
鉄道の仕事を体験する場も(2017年12月9日、中島洋平撮影)。
浅草線と大江戸線の車両機器などが展示された(2017年12月9日、中島洋平撮影)
浅草線と大江戸線の車両機器などが展示された(2017年12月9日、中島洋平撮影)
浅草線と大江戸線の車両機器などが展示された(2017年12月9日、中島洋平撮影)
浅草線と大江戸線の車両機器などが展示された(2017年12月9日、中島洋平撮影)
浅草線と大江戸線の車両機器などが展示された(2017年12月9日、中島洋平撮影)
鉄道グッズの販売ブースも。写真は都営地下鉄ブース(2017年12月9日、中島洋平撮影)
会場案内図(2017年12月9日、中島洋平撮影)。
会場となった馬込車両検修場の入口(2017年12月9日、中島洋平撮影)。
都営浅草線の新型車両5500形(2017年12月9日、中島洋平撮影)。
5500形の内装(画像:東京都交通局)。
5500形の内装(画像:東京都交通局)。
親子向け車両撮影会の様子。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 171209 toei 05 Thumbnail 171209 toei 06 Thumbnail 171209 toei 07 Thumbnail 171209 toei 08 Thumbnail 171209 toei 09 Thumbnail 171209 toei 10 Thumbnail 171209 toei 11 Thumbnail 171209 toei 12 Thumbnail 171209 toei 13 Thumbnail 171209 toei 14 Thumbnail 171209 toei 15 Thumbnail 171209 toei 16 Thumbnail 171209 toei 17 Thumbnail 171209 toei 18 Thumbnail 171209 toei 19 Thumbnail 171209 toei 20 Thumbnail 171209 toei 01 Thumbnail 171209 toei 02 Thumbnail 171209 toei 03 Thumbnail 171209 toei 04

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 座席はクッションがありそうだ。京急並みとまでは言わないが、E233、E235系レベルを望みたい。
    これを契機(?)に京成3050形の座席クッションを改善してほしい。モケットは非常に面白いが、それだけに硬めの座席が残念至極。幸い、先輩格の3700形という良いお手本がある。早急に検討してほしい。

  2. 歌舞伎、というより、昔のアニメのキャラを思い出したのは私だけ?

  3. 都営浅草線はラッシュ時はそこまで混雑してないから車端部は転換クロスシートで良いかも。
    空港移動も楽になるし、北総線もそこまで混まないから全てロングシートにする必要はない。

  4. 歌舞伎と言いながら側面はチープな感じがする。窓下も白にラッピングしないと歌舞伎らしくないと思う。ぶっちゃけ貧ぼっちゃま歌舞伎って感じ。
    それと側面上部の帯が細すぎて路線識別の意味をなしてない。ロゴも見づらい。
    実写を見れば分かるが、ステンレスのギラ付きで帯が見えない。
    ドアや窓上ギリギリまでの太さにすべき。

    京成で増殖してる走る棺桶みたいに帯が細すぎててっちゃんじゃないと何の車両か分からないのと一緒。

    • キモい。論外。却下。