ふたつの直通線開業で相鉄は大変化 新駅「羽沢横浜国大駅」の可能性は?

羽沢横浜国大駅の完成予想図(画像:相模鉄道)。
羽沢南地区周辺の公共交通は路線バスが支える。横浜国大の外周をまわる相鉄バス「浜11」系統は、狭い道路を通る割に遅れも少なく快適だ(2018年1月18日、栗原 景撮影)。
駅へつながる跨線橋。狭く、雨の日は滑るので、開業後は改善に期待したい(2018年1月18日、栗原 景撮影)。
駅は2面2線。奥が新宿・渋谷方面で、右が下りホーム。西谷方のシールドトンネルはほぼ完成しており、軌道も西谷方からホーム中央まで敷設が進んでいる(2018年1月17日、栗原 景撮影)。
西谷駅で分岐し、JR東海道貨物線と東急東横線に接続する直通線(画像:相模鉄道)。
壁面を彩るレンガも姿を現した、羽沢横浜国大駅の駅舎(2018年1月18日、栗原 景撮影)。
JR方面と東急方面の分岐のイメージ。羽沢横浜国大駅(写真右下)を発車すると、左右にJR直通線が分岐し、中央の東急直通線は再び日吉までトンネルに入る(画像:相模鉄道)。
環状2号線側から見た羽沢横浜国大駅の駅舎。向こうに見える住宅地の奥に横浜国大がある(2018年1月18日、栗原 景撮影)。
駅舎内にも既に一部レンガが貼られている。ちょうどこの辺りに改札口が設置される予定(2018年1月17日、栗原 景撮影)。
駅舎内の完成予想図。改札口は1か所で、日中は膜屋根から外光を取り入れる(画像:相模鉄道)。
膜屋根は骨組みが完成した段階で、これから本格的に膜が張られていく(2018年1月18日、栗原 景撮影)。
西谷方のトンネルは円形のシールドトンネル。ホームの手前には外光を取り入れる天窓があり、明るい雰囲気(2018年1月17日、栗原 景撮影)。
新宿・渋谷方は四角い開削トンネルで、すぐに地上に出る(2018年1月17日、栗原 景撮影)。
羽沢横浜国大駅の最寄りとなる横浜国立大学北門。駅までは、ここから小さな山をひとつ越えなくてはならない(2018年1月18日、栗原 景撮影)。
大学から駅までの間には学生向けのアパートなどが多いが、商店は1軒もない(2018年1月18日、栗原 景撮影)。
駅の南側は空き地になっているが、将来はここに中高層ビルが並び、商業施設も入る計画だ(2018年1月18日、栗原 景撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180121 hazawa 14 Thumbnail 180121 hazawa 15 Thumbnail 180121 hazawa 16 Thumbnail 180121 hazawa 01 Thumbnail 180121 hazawa 02 Thumbnail 180121 hazawa 03 Thumbnail 180121 hazawa 04 Thumbnail 180121 hazawa 05 Thumbnail 180121 hazawa 06 Thumbnail 180121 hazawa 07 Thumbnail 180121 hazawa 08 Thumbnail 180121 hazawa 09 Thumbnail 180121 hazawa 10 Thumbnail 180121 hazawa 11 Thumbnail 180121 hazawa 12 Thumbnail 180121 hazawa 13

関連記事

最新記事