「モハ」「キハ」その意味は? 電車・気動車のカタカナ記号 グリーン車が「ロ」のワケ

制度上消滅した1等車「イ」と1等寝台車「イネ」は近年、JRの豪華寝台列車で復活した。写真はJR西日本の豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の「キサイネ86-501」(2017年2月、草町義和撮影)。
JRの電車や気動車の車体には、車両の種類がカタカナ記号で表記されている(2017年1月、草町義和撮影)。
「ク」は運転台を設けた車両を示す(2002年1月、草町義和撮影)。
「モ」は走行用のモーターを搭載している(2002年1月、草町義和撮影)。
運転台とモーターの両方ある車両は「クモ」になる(2002年1月、草町義和撮影)。
JR九州787系のクモロ787-12。運転台(ク)とモーター(モ)が付いているグリーン車(ロ)だ(2017年5月、草町義和撮影)。
JR北海道キハ40系の「キハ40 1804」。内燃機関を搭載(キ)した普通車(ハ)であることが分かる(2017年9月、乗りものニュース編集部撮影)。
電気式気動車GV-E400系。JR東日本は従来の「電車」「気動車」に当てはまらない車両では、カタカナを使わずアルファベットと数字で表記(2018年1月、恵 知仁撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180213 mohakiha 08 Thumbnail 180213 mohakiha 01 Thumbnail 180213 mohakiha 02 Thumbnail 180213 mohakiha 03 Thumbnail 180213 mohakiha 04 Thumbnail 180213 mohakiha 05 Thumbnail 180213 mohakiha 06 Thumbnail 180213 mohakiha 07

関連記事

最新記事