意外と負けてるF-22「ラプター」 練習機や電子戦機に敗北、それでも最強といえるワケ(写真12枚)

嘉手納基地(沖縄県中頭郡)への暫定配備の往路、横田基地(東京都福生市)に飛来したF-22(2016年、石津祐介撮影)。
デモフライトを行うイギリス空軍のユーロファイター「タイフーン」(2016年、石津祐介撮影)。
ドイツ空軍のユーロファイターはPIRATEを装備していない(2016年、石津祐介撮影)。
最強のステルスとして名高い戦闘機F-22「ラプター」(2017年、石津祐介撮影)。
パイロットに敬礼する「ラプター」のデモチーム(2017年、石津祐介撮影)。
デモフライトでウェポンベイを開く。
模擬格闘戦でラプターに勝利した練習機T-38。写真は同型機。
ジャミングなどを行う電子戦機EA-18G。
イギリス空軍のユーロファイター「タイフーン」。キャノピー前方にFLIR(前方赤外線監視装置)とIRSTをあわせ持った「PIRATE」を装備する(2016年、石津祐介撮影)。
F-22「ラプター」のコンセプトはドッグファイトに持ち込まれる前の、先制攻撃での勝利。
離陸後、ハイレートクライム(急上昇)を行うF-22「ラプター」。
タキシングするF-22「ラプター」。後方からは推力偏向ノズルが確認できる。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180221 f22 10 Thumbnail 180221 f22 11 Thumbnail 180221 f22 12 Thumbnail 180221 f22 01 Thumbnail 180221 f22 02 Thumbnail 180221 f22 03 Thumbnail 180221 f22 04 Thumbnail 180221 f22 05 Thumbnail 180221 f22 06 Thumbnail 180221 f22 07 Thumbnail 180221 f22 08 Thumbnail 180221 f22 09

関連記事

最新記事