陸自新装備は半世紀モノ? 水陸両用車「AAV7」、そもそもどのような装備なのか

AAV7の改良型AAV SU。海上の移動速度と防御力の強化に重きを置いた改良が施された(画像:アメリカ海兵隊)。
AAV SUは地雷の爆発による下からの衝撃から乗員を守る「フローティングシート」を採用している(画像:アメリカ海兵隊)。
韓国海兵隊のAAV7 A1。AAV7は陸上自衛隊とアメリカ海兵隊のほか、韓国、ブラジル、スペインの海兵隊などでも運用されている(竹内 修撮影)。
AAV7を後継する装輪装甲車の最終候補のベース車両となった「テレックス2」。
「テレックス2」は車体後部に2基のスクリュープロペラを備えており、時速約11kmで水上を移動できる(竹内 修撮影)。
「テレックス2」と共にAAV7を後継する装輪装甲車の最終候補となった「スーパーAV」(画像:BAEシステムズ)。
三菱重工が研究開発を進めている「MAV」の模型(竹内 修撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180319 aav7 06 Thumbnail 180319 aav7 07 Thumbnail 180319 aav7 01 Thumbnail 180319 aav7 02 Thumbnail 180319 aav7 03 Thumbnail 180319 aav7 04 Thumbnail 180319 aav7 05

関連記事

最新記事