軽量化実現の新型新幹線N700S、なぜそれで乗客が便利になるのか? JR東海の大きな狙いも

台湾高速鉄道の高架橋を走る700T形。将来はN700Sもここを走るようになるかもしれない(2014年2月、草町義和撮影)。
このほど走行試験が始まったN700Sの確認試験車(2018年3月10日、草町義和撮影)。
N700SのパンタグラフはN700Aに比べ約50kg軽量化された。
モーターも軽量化と小型化が図られている。
N700SのCI(右)はN700AのCI(左)よりかなり小さくなった。
肘掛けに設置された普通車のコンセント(2018年3月10日、草町義和撮影)。
床下機器の構成。「新幹線の標準車両」と位置づけられたN700Sは8両編成や12両編成も組めるようにしている(画像:JR東海)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180322 n700skeiryoka 07 Thumbnail 180322 n700skeiryoka 01 Thumbnail 180322 n700skeiryoka 02 Thumbnail 180322 n700skeiryoka 03 Thumbnail 180322 n700skeiryoka 04 Thumbnail 180322 n700skeiryoka 05 Thumbnail 180322 n700skeiryoka 06

関連記事

最新記事