海自導入か「多用途防衛型空母」、どんな船に 期待されるのはその「存在感」?

「いずも」の格納庫。10機程度のF-35Bが格納できるだけのスペースは十分にある(竹内 修撮影)。
多用途防衛型空母への改修が検討されているヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(竹内 修撮影)。
必要に応じて強襲揚陸艦の「ファン・カルロス1世」に搭載されるスペイン海軍のAV-8B「ハリアーII」(竹内 修撮影)。
トルコが建造を進めている強襲揚陸艦「アナドル」の大型模型(竹内修撮影)。
オーストラリア海軍の強襲揚陸艦「キャンベラ」(画像:オーストラリア海軍)
安全保障調査会から導入が提言されたF-35B(竹内 修撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180327 cv 06 Thumbnail 180327 cv 01 Thumbnail 180327 cv 02 Thumbnail 180327 cv 03 Thumbnail 180327 cv 04 Thumbnail 180327 cv 05

関連記事

最新記事