湾岸産油国の武器が多国籍すぎるナゼ 非効率のその先に見出すメリットとは

カタール空軍の迷彩塗装を施したダッソー「ラファール」の大型模型(竹内 修撮影)。
サウジアラビアは2018年3月、ユーロファイター「タイフーン」の追加調達を発表。計120機体制となる(竹内 修撮影)。
サウジアラビアが48機を追加調達すると発表した、ユーロファイター「タイフーン」。写真はイギリス空軍機(画像:アメリカ空軍)。
「ADEX」でデモンレーションをおこなうUAE陸軍の「ルクレール」戦車(上)とBMP-3歩兵戦闘車(下)(竹内 修撮影)。
サウジアラビアやUAEなどが導入した中国製UAV「翼龍」(竹内 修撮影)。
「ADEX」でUAEの投資ファンドのブースに展示された「翼龍」の大型模型(竹内 修撮影)。
UAE陸軍が導入するフィンランド製の装甲車「AMV」(竹内 修撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180411 oil 06 Thumbnail 180411 oil 07 Thumbnail 180411 oil 01 Thumbnail 180411 oil 02 Thumbnail 180411 oil 03 Thumbnail 180411 oil 04 Thumbnail 180411 oil 05

関連記事

最新記事