実は進化している通勤電車の座席 バネからウレタンへ、人間工学に基づく設計も

三菱重工が開発した鉄道車両用座席「G-Fit」。人間工学に基づいた背面角度と高さをロングシートで実現した(画像:児山 計)。
バケットシートでは背中や太ももが入るくぼみを作り、体が座席にフィットすることで掛け心地を向上させている(画像:児山 計)。
1人当たりの座席幅を広げればゆったり座れるが、ドア脇のスペースを圧迫し、スムーズな乗降を阻害するデメリットがある(画像:児山 計)。
1人当たりの座席幅を広げればゆったり座れるが、ドア脇のスペースを圧迫し、スムーズな乗降を阻害するデメリットがある(画像:児山 計)。
着席客と立ち客が干渉しないよう仕切りを付けた例。写真の阪神5700系は仕切りを曲げて立ち客には腰掛け、着席客には肘掛けのスペースを作っている(画像:児山 計)。
通勤ライナーが一般列車の運用に就くときは、座席の向きが変わるが掛け心地は変わらない。写真は東武50090型のマルチシート(画像:児山 計)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180402 seat 06 Thumbnail 180402 seat 04 Thumbnail 180402 seat 01 Thumbnail 180402 seat 02 Thumbnail 180402 seat 03 Thumbnail 180402 seat 05

関連記事

最新記事