東海道新幹線“延命”した研究施設 開業から半世紀、だが、まだまだ使える(写真10枚)

2002年に開設されたJR東海の小牧研究施設(2018年4月、恵 知仁撮影)。
2002年に開設されたJR東海の小牧研究施設(2018年4月、恵 知仁撮影)。
2002年に開設されたJR東海の小牧研究施設(2018年4月、恵 知仁撮影)。
2002年に開設されたJR東海の小牧研究施設(2018年4月、恵 知仁撮影)。
2002年に開設されたJR東海の小牧研究施設(2018年4月、恵 知仁撮影)。
2002年に開設されたJR東海の小牧研究施設(2018年4月、恵 知仁撮影)。
2002年に開設されたJR東海の小牧研究施設(2018年4月、恵 知仁撮影)。
2002年に開設されたJR東海の小牧研究施設(2018年4月、恵 知仁撮影)。
小牧研究施設の試験装置。中央の棒状の部分で下に置いた物に圧力をかけ、耐久性のテストなどができる(2018年4月、恵 知仁撮影)。
上に張られている架線を、装置中央右側の円筒状の部分がパンタグラフの動きを模してビョンビョンと突き上げることで、架線の耐久性などをテストする(2018年4月、恵 知仁撮影)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail  r4a6773 Thumbnail  r4a6778 Thumbnail  r4a7010 Thumbnail  r4a7019 Thumbnail  r4a7021 Thumbnail  r4a7028 Thumbnail  r4a7068 Thumbnail  r4a7078 Thumbnail 180502 komaki 01 Thumbnail 180502 komaki 02

関連記事

最新記事