国産哨戒機P-1、輸出はあるか? 仏独エアショーでお披露目、背後に渦巻く各国の思惑

シコルスキー・エアクラフト社製SH-60Bを基に開発したSH-60Jをさらに基にし、防衛庁(当時)と三菱重工が改造開発したSH-60K。2005年運用開始(画像:海上自衛隊)。
海上自衛隊のP-1哨戒機(画像:海上自衛隊)。
2017年の「パリ航空ショー」に参加したP-1哨戒機。機首部の窓には海上自衛隊旗とフランス国旗のパネルが貼られていた(竹内 修撮影)。
2017年の「パリ航空ショー」にて、外国人向け説明会でP-1をアピールする若宮健嗣防衛副大臣(当時)(竹内 修撮影)。
アメリカ海軍のP-8A哨戒機。オーストラリア、ノルウェー、インドにも採用されている(竹内 修撮影)
ダッソーが開発を進めている「ファルコン900MPA」の大型模型(竹内 修撮影)。
P-1が搭載するF7-10ターボファンエンジンの試作型XF7(竹内 修撮影)。
エアバスのA320neo。プラット&ホイットニー製エンジン搭載モデル(画像:エアバス)。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 180508 p1 08 Thumbnail 180508 p1 01 Thumbnail 180508 p1 02 Thumbnail 180508 p1 03 Thumbnail 180508 p1 04 Thumbnail 180508 p1 05 Thumbnail 180508 p1 06 Thumbnail 180508 p1 07

関連記事

最新記事