東京~大阪の乗り心地再現も可 超電導リニア実物使用「リニア走行試験装置」の仕組み

JR東海が小牧研究施設に「リニア走行試験装置」を設置。本物の超電導リニア車両1両と3分の2両で、7両編成全体のゆれを、またデータを入れれば東京~大阪間全線の乗り心地を再現できるそうです。この装置の目的と技術を解説します。

この記事の目次

・JR東海の研究施設に
・本物の超電導リニア車両を使用
・「電磁加振装置」で浮上
・「編成車両模擬装置」で編成全体の揺れを再現
・大規模地震レベルも試験できる「加振台」
・すでに検証が完了した項目
・今後の試験計画
・リニア開発本部長のコメント
・リニア開発本部長の質疑応答

【画像枚数】全13枚

JR東海の研究施設に

 JR東海が2020年12月4日(金)、同社の小牧研究施設に設置した「リニア走行試験装置」を報道陣へ公開しました。2020年3月6日から運用が開始されているもので、目的は以下の3つです。

Large 201209 liner 01

拡大画像

JR東海が新たに導入した「リニア走行試験装置」(2020年12月4日、恵 知仁撮影)。

・さらなる超電導リニア技術のブラッシュアップや、建設・運営・保守の効率化を目指し、実際に車両を走行させることなく、模擬編成の走行試験を実施。

・乗り心地向上のための改良や、超電導磁石の耐久性検証などを、走行試験よりも効率的に短期間で実施。

・山梨実験線の設備では設定が困難な異常状態(地震や機器故障など)を模擬する試験を実施。

本物の超電導リニア車両を使用

「リニア走行試験装置」は、全長約66m、幅約47m、高さ約19mという大きな建物のなかにありました。

Large 201209 liner 02

拡大画像

「リニア走行試験装置」がある実験棟(2020年12月4日、恵 知仁撮影)。

 かつて山梨実験線で使っていた本物の超電導リニア車両を使っているのが特徴のひとつで、L0系改良型試験車の導入によって入れ替えになったL0系1両(L25-904)を、同じくかつてその実験線で使っていたMLX01(長さを3分の1にしたもの)で挟んだ「模擬編成」が組まれています。

Large 201209 liner 03

拡大画像

「リニア走行試験装置」がある実験棟の概要(2020年12月4日、恵 知仁撮影)。

 詳細は後述しますが、今回の公開ではこの実車体による「模擬編成」と「編成車両模擬装置」によって7両編成の状態がシミュレートされており、「模擬編成」は向かって左奥から3両目、4両目、5両目に相当する設定。なお「模擬編成」の長さは約40m、重量は約40トンだそうです。

「電磁加振装置」で浮上

「模擬編成」の台車の横に「電磁加振装置」が設けられています。外部から、その加振コイルへ誘導電流に相当する電流を流すことで、実際の走行時と同じ磁力(浮上力)を発生させ、車体を浮かせることが可能。なお、実際の超電導リニアにおいて誘導電流は、車両の走行によって側壁にある浮上・案内コイルへ自然に流れるものです。

Large 201209 liner 04

拡大画像

「リニア走行試験装置」の「電磁加振装置」(2020年12月4日、恵 知仁撮影)。

 また超電導リニアは、ガイドウェイ(軌道)の敷設誤差によって磁力の変化があり、それによって車両に振動が発生しますが、この磁力の差による揺れも「電磁加振装置」によって再現されます。

Large 201209 liner 05

拡大画像

「電磁加振装置」のしくみ(2020年12月4日、恵 知仁撮影)。

 山梨実験線のガイドウェイ敷設状況(敷設誤差)のデータを入力し、この装置を用いることで、山梨実験線走行時の揺れを再現できるそうです。

 なので、たとえば中央新幹線全区間(東京~大阪)のデータを入力すれば、その乗り心地もこの「リニア走行試験装置」で確認できるとのこと。「リニア走行試験装置」は、全区間の所要時間である67分以上の連続運転もできるといいます。

「編成車両模擬装置」で編成全体の揺れを再現

残り2656文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」