東武の日比谷線直通用新車70000系、登場で何が変わる? 車両、そして駅も進化へ(写真21枚)

貫通扉のイラストのひとつ「隅田川と東京スカイツリー」。
貫通扉のイラストのひとつ「草加松原 百代橋」。
貫通扉のイラストのひとつ「東武動物公園」。
曲線通過時に片方の車軸が自動的に舵を切る「操舵(そうだ)台車」を採用している。
非常用のドアコックは、通常は車両連結部付近にあるが、ホームドアの使用を想定して車体側面に設けられている。
車内では無料Wi-Fiが提供される。
優先席付近の吊り革は、吊り手が黄色い。
各車両端部に設けられたフリースペース。つかまったり、軽くもたれたりできる「ヒップレスト」も。
各ドア上部には、17インチワイド液晶の車内表示器が3画面設置されている。
車両の製造は近畿車輌が担当。
運転台にはワンハンドルマスコンを採用。マスコン右下の2つのボタンを押すだけで列車を動かせるATO(自動列車運転装置)も備えているが、当面は使用されないという。
赤と黒の配色が特徴的な東武の日比谷線直通用車両70000系(2017年4月7日、中島洋平撮影)。
東武70000系は7両編成。
フリースペースの位置は、外から分かるようにされている。
ガラスが多用されている車内。
奥が東京メトロ13000系電車。配色だけでなく前面形状なども異なる。
シートの色も赤が基調。優先席は青を基調とする。
ガラスを採用した荷棚。
貫通扉には、東武沿線の風景を描いた透明のステッカーが。
左が東武の日比谷線直通用20000系、右が東京メトロ13000系。
別の場所になる「日比谷線直通」用の乗車位置案内。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170407 tobu70000 11 Thumbnail 170407 tobu70000 12 Thumbnail 170407 tobu70000 13 Thumbnail 170407 tobu70000 14 Thumbnail 170407 tobu70000 15 Thumbnail 170407 tobu70000 16 Thumbnail 170407 tobu70000 17 Thumbnail 170407 tobu70000 18 Thumbnail 170407 tobu70000 19 Thumbnail 170407 tobu70000 20 Thumbnail 170407 tobu70000 21 Thumbnail 170407 tobu70000 01 Thumbnail 170407 tobu70000 02 Thumbnail 170407 tobu70000 03 Thumbnail 170407 tobu70000 04 Thumbnail 170407 tobu70000 05 Thumbnail 170407 tobu70000 06 Thumbnail 170407 tobu70000 07 Thumbnail 170407 tobu70000 08 Thumbnail 170407 tobu70000 09 Thumbnail 170407 tobu70000 10

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 20000系列は恐らく、ワンマン運転の8000系列を置き換えに使うと思う。
    しかし東武さんはまず、春日部駅を高架にして野田線と伊勢崎線直通をやらせるべきでしょう。

  2. お面と配色以外は同一車輌と考えて良さそうだな。
    小田急4000形とJR-E233常磐緩行仕様の関係と言っていいだろう。
    もっとも、千代田線を巡るこの二形式は「帯の色を変えただけ」のような気がしないでもない。

  3. 70000系が将来10両編成仕業をする際の併結相手が気になりますね。 操舵台車じゃなくて、末端ローカル線でも使える3両編成!となると、、、60000系のバリエーションで出てくるのか、はたまたお約束のステンレス車魔改造(特に中間車の)になってしまうのか、気になりますね。