廃線のディーゼルカー10年ぶり復活、その意外な理由 神岡鉄道「おくひだ1号」(画像10枚)

KM-150形「おくひだ2号」の車内。トイレとカラオケ設備があり、イベント列車としても使われた(2017年4月8日、杉山淳一撮影)。
KMDD13形ディーゼル機関車。こちらは残念ながら動かない。ガッタンゴーではこの車庫を見学するツアーも開催される(2017年4月8日、杉山淳一撮影)。
旧・神岡鉄道とJR高山本線が接続する猪谷駅。JR東海とJR西日本の境界駅でもある(2008年9月、恵 知仁撮影)。
復活運転した「おくひだ1号」KM-100形ディーゼルカー。イベント後は奥飛騨温泉口駅に展示されている(2017年4月8日、杉山淳一撮影)。
神岡鉄道はJR高山本線に接続する猪谷駅と奥飛騨温泉口駅のあいだ約20kmを結んだ(国土地理院の地図を加工)。
レールマウンテンバイク「ガッタンゴー」。保線用の軌道自転車にヒントを得て作られた。現在はすべて電動アシスト付き車両となり、疲れにくい。
KM-100形の車内。囲炉裏風の座席が特徴。KM-150形はトイレが付いているため囲炉裏席が狭くなっていた。
「日本ロストライン協議会」設立。
幹事3団体の事例発表会のほか、懇親会では全国から集まった参加者の事例紹介も。
「ロスト・ライン・神岡」の5カ年計画。

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

Thumbnail 170413 okuhida 08 Thumbnail 170413 okuhida 09 Thumbnail 170413 okuhida 10 Thumbnail 170413 okuhida 01 Thumbnail 170413 okuhida 02 Thumbnail 170413 okuhida 03 Thumbnail 170413 okuhida 04 Thumbnail 170413 okuhida 05 Thumbnail 170413 okuhida 06 Thumbnail 170413 okuhida 07

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 廃線活用は必要だし、電化復活なども考えなくてはならない。
    単に利用者が少ないから廃止でなく利用者を観光以外で増やす方法も必要だと思う。
    地方のローカル線なら転換クロスを入れるのも手だし、居住性向上が鍵になると思われる。